蜂の巣を駆除して被害を減らそう|安心して暮らせる家へ

身の安全をしっかり守る

3人の作業員

蜂の巣を駆除するのに必要なものは防護服や殺虫剤、ほうきとちりとり、ゴミ袋などがあります。防護服は体を蜂から守ってくれます。しかし、防護服だけでは蜂の針を通してしまう可能性があるためなるべく厚手の防護服を着るとよいでしょう。防護服だけでは心配という方は、防護服の下からトレーナーなどを何枚も重ねて着ておくと安全に蜂の巣の駆除を行えます。蜂は黒色のものを見ると攻撃をしてきやすいため、髪の毛は狙われやすくなります。蜂から頭を守るためにもしっかり防護するようにしましょう。蜂の巣を駆除する際にはなるべく黒とは反対色の白色の防護服を着るようにするとよいでしょう。しかし、個人で蜂の巣を駆除するには危険なことが多いためなるべく個人では行わず、業者に依頼して蜂の巣を駆除してもらうようにするとよいでしょう。

蜂は種類によって活動時期が違います。例えば、ミツバチの場合は10月から11月の期間と2月から3月の2回にかけて活動が活発になってきます。一方、オオスズメバチの場合は7月から10月にかけて最も活発になるため、この時期は特に危険とされています。この時期に蜂の巣を発見したらすぐ業者に依頼して駆除を行なってもらうようにしましょう。業者では依頼主の安全を考えて丁寧に作業を行なってくれます。そのため、駆除を終了した後は安全な暮らしができるようになるのです。蜂の被害に合わないためにも早めに業者へ依頼して蜂の巣を駆除するようにしましょう。